初めての子供の習い事.com【幼児・小学生の教育】

サッカーを習う

子供習い事.幼児習い事,小学生習い事,教育

紀元前に中国で行われていた蹴球という球技をご存知ですか?

また中世ヨーロッパで遊びとして行われていたフットボールが起源だと言われています。

これは競技人口・知名度はともに世界最高のスポーツでワールドカップでは世界中が白熱するサッカーのことです。

 

ラグビー・サッカー・フットボールはもともと仲間で

的確なルールなどはなかったそうです。

国際サッカー連盟(FIFA)が現在のサッカーのルールを統一しています。

 

 

また、200以上の国が国際サッカー連盟(FIFA)に参加しているそうです。

 

サッカーをするなかで学べることは色々あります。

闘争心・集中力・精神力・忍耐力・持続力を養うことができます。

また、瞬時に判断できる知力と分析力も高めることができ、集団で行う連帯感・協調性も育むことができます。

 

なによりもボールひとつあれば楽しめる手軽さがいいですよね。

親子で練習することで親子間でのコミュニケーションもとれます。

友達とちょっとした時に遊びながら練習できるのもいいですよね。

 

遊びながらもどんどん上達していくので楽しく続けることができます。

そのような手軽さや、楽しく続けられるところが子供に人気のある理由であり、サッカーの魅力なんでしょうね。

    

大人になってもストレス解消や趣味としてチームを作ったりして続けている人もいますよね。 今では男子だけでなく女子のチームも作られていますよね。

女子とはいえ、男子チームにも負けないほどの強豪チームもいるようですよ。

 

たまの休日には家族みんなでサッカーをして遊ぶのもいいかもしれませんよ。

 


野球を習う

子供習い事.幼児習い事,小学生習い事,教育

野球はイギリス生まれ。

アメリカも持ち込まれてからベースボールという現在の野球の形になったといわれているようです。

ボールは3種類あります。

まず1つはコルクやゴムを芯にした「硬式球」。

2つ目は硬式球に比べ、安全性を重視して中を空洞にした「軟式球」。

そして軟式球が開発された「準硬式球」。

 

 

 

プロ野球や高校野球では硬式のボールが使用されていますが、少年野球では軟式のボールを使うことが多いです。

 

小学生の硬式野球は7つの加盟があります。

たとえばリトルリーグ・ボーイズリーグなどです。

連盟によってルールの取り決めは少しずつ違うようです。

そのため違う連盟間での交流大会は行わないそうですよ。

 

軟式野球といえば一般的に少年野球です。

地域のクラブで活動されています。

国内では2つの大きな大会が開催されているようです。

 

野球をしていく中でたくさんのことが学べますよね。

体力・ 根性・精神力・集中力・忍耐力・持続力と様々な力を鍛えることができます。

また瞬時に判断する知力・分析力、仲間と動くことで連帯感や協調性を育むこともできます。

 

ルールやマナー・礼儀正しさも身につきますよね。

また学校だけでなく野球を通しての友達もできます。

親御さん同士でも親しい仲間が増えていいかもしれませんね。

 

大人になっても趣味で続けている人はたくさんいます。

もちろんプロを目指すのもいいですよね。

 

野球を一生懸命にやっている男の子の中にはプロを夢見る子が多いのではないでしょうか。