初めての子供の習い事.com【幼児・小学生の教育】

学資保険のメリット

子供習い事.幼児習い事,小学生習い事,教育

一般的な学資保険のメリット・デメリットについて述べておきましょう。

保険料払い込み免除特約の学資保険の最大のメリットは、契約者に万一のことがあった場合、それ以降の保険料の支払いが免除され、祝い金や満期保険料は満額受け取れることです。

 

つまり親が保険料を支払えなくなった場合(死亡・重度障害)に、その後の学費を満期保険料や祝い金である程度まかなえるということです。

 

 

学資保険に入っていなかった場合、そういったことが起きたときは親のその後の収入が望めなくなってしまう可能性もありますから、学費は経済的に大きな負担になりかねません。

 

現在は保険料払い込み免除特約タイプの学資保険がメジャーになってきています。

やはり万一のことを考えると・・・という点では大きなメリットになるのがこのタイプの学資保険だからでしょう。

 

また、被保険者がケガや病気で入院したときの医療保障や、死亡保障が受け取れるプランを持つ保険会社もあります。

ただこの場合は保険料が上乗せされる分、返戻率が100%を切ることがほとんどです。

子供の医療保障が必要かどうか?といったことを検討することが必要になってくるでしょう。

 

また、掛け金の安い共済などの保険でカバーすることが可能になる場合もありますのでやはり検討することが必要です。


学資保険のデメリット

子供習い事.幼児習い事,小学生習い事,教育

学資保険のデメリットの主要なものを挙げたいと思います。

まずは前回も書きましたが元本割れの可能性があるということです。

学資保険は確かに貯蓄性が高い保険ですが、条件によっては元本割れすることもあるのです。

保険の内容や、加入時期が元本割れを引き起こすおもな条件になります。

保険の内容で言うと「保険料払い込み免除特約タイプ」の学資保険や、子供の医療、死亡保障がついているタイプの学資保険は必然的に元本割れしてしまいます。

学資保険を投資として考えているかたは、事前に返戻率が100%を超えるかどうか計算などもしておくことが必要です。

そうでないかたも、同じ条件の学資保険だったら返戻率が高いに越したことはありません。

必ず計算しておくようにしましょう。

もう一つのデメリットとして、将来の満期保険金が、契約時に確定していることが挙げられます。

もし、契約時の物価や教育費が、満期になったときに上がってしまっていたりすると、貨幣の価値の関係で教育費をまかなえない可能性もあるということです。

いずれの場合にしろ、安易に契約せずに学資保険をよく比較・検討して選ぶことが肝要になってきます。

特に前者は、返戻率の計算などでよく検討することが大事です。

計算だけだったら、難しいことはないのでよく保険会社・プランを考えてみましょう。


学資保険のメリットとデメリットエントリー

学資保険ランキング
ランキングを作るとしたら、せいぜい契約者の人数や人気の高さ、資料請求の多さのランキングと言ったところでしょう。
学資保険のメリットとデメリット
安易に契約せずに学資保険をよく比較・検討して選ぶことが肝要になってきます。
子供部屋の安全性
お子さんの安全をしっかり考えた家具・インテリアの配置や、転倒防止策を!
お風呂で確実にやせる方法!
競馬学校でおこなっている方法です。 おすすめですよ。
年代別、体で気になる部分は?
アンケートによると自分の体型が気になる」と回答した女性は全体の90.0%と、ほとんどの人が気にしているということです。